コミュニケーションツール・カラオケ

コミュニケーションツール・カラオケ

結婚をして、右も左を向いても知人のいない土地へ引っ越してきました。

そんな中、義理の母が私を心配して、自分が通っているカラオケ教室に誘ってくれました。
私のイメージだと、カラオケ教室とは、仕事を引退して年金をもらっているおじいちゃん、おばあちゃんが行っているイメージでしたので、少しためらいましたが、
せっかく誘ってくれたので、行ってみる事にきめました。

実際行ってみると、案の定右を見ても、左を見てもおじいちゃん、おばあちゃんたちで、一番若いといわれている方でも、50歳でした。
一瞬、どうしようかと思いましたが、皆さんが私にたくさん話しかけてきてくださり、だんだんと馴染んでくるようになりました。

カラオケボックスでしか歌ったことがなかったために、皆さんの前で歌うのが緊張しなかなかうまく歌えませんでしたが、先生が上手に教えてくださり、
2~3回行くころには、緊張もさほどしなくなりました。
逆に、皆さんの前で歌うこと、歌うことに対してじっくり教えてもらえることが楽しくなり、誰もいなかった友達もカラオケ仲間としてたくさん増えて、
毎週1回のカラオケ教室が、楽しみになりました。