不況の煽りを受けてか長く続いた映画製作会社が破産した

不況の煽りを受けてか長く続いた映画製作会社が破産した

現在、景気は緩やかに回復傾向にあるものの、それ以前から経営が苦しい会社は破産を余儀なくされます。
それは映画製作会社も例外ではありませんね。

と言うより寧ろ、映画は製作費用を沢山必要としますので、不況の中の資金繰りはとても大変でしょう。
故に、経営難に陥り、そして破産をすると言う事態が起こるのです。
と言う事で、とある映画製作会社が破産しました。
長く続いていただけに残念ですね。
また、その映画製作会社は多くのヒット作も生み出し一時期、5億以上もの売り上げを出して大ヒットしましたが、ここ最近の作品はあまり人気が出なかった様です。
ともかく、長く続いた映画製作会社の一つが消えてなくなります。
今後、同じ様な状況に追い込まれる企業が増えてくるかもしれない。
だって、私が以前勤めていたとある劇場が不況の煽りを受けて閉館しました。
そこも長く続いていたのですけどね。
と言う事で、何か画期的な閃きを持って商品を生み出さないと、今後も多くの企業はその映画製作会社の様に経営難に苦しむ事になるかもしれません。
私が聞いた話だと、同じ年に会社を設立した企業は5年後には半分、10年後には1割しか残らないと言う話です。
つまり、10年後まで会社を維持出来れば、長く会社を経営していく可能性が高いと言う事です。
とは言え、この映画製作会社の様に長く続いたとしても一度経営難に陥れば立ち直しを図るのは難しい。
まだ他にも不況の煽りを受けた企業が、やむなく破産の手続きをする所が今後出てくるかもしれませんね。

恋愛しよう